ホームページ制作+更新、SEOのスクーリングのサービス
home>ホームページ制作

ホームページ制作して,その後の更新の仕方、SEO対策は無料で教えます!すなわち一度制作したらその後のコストはゼロです!

ホームページ制作、更新、SEO  
コンテンツの考案
コンテンツ(文章、写真等)はお客様でご用意して頂きます。それに対するサポートと不足の場合のフォローはします。
ホームページの製作
 ヘッダー画像のデザイン作成、メニューの作成、サイト構成作成
アクセスカウンター、フォームメール、フラッシュ動画、その他ご要望に応じたCGI、JavaScript機能
SEOコーディング、SEO対策マニュアル
独自ドメイン取得、レンタルサーバー手配(別途料金がかかりますが、超低料金をおススメします。)
アフターフォロー
1か月を目途に更新の仕方をご指導、SEO相談、ディレクトリー登録、PPC登録サポート
プレスリリース、メルマガ、ソーシャルブックマーク、RSS等、ご指導

ホームページ制作は家で言えばプレハブのようなテンプレート(ひな形)のコピーではなく、オリジナル作品です。SEO仕様の「xhtml+CSS」コーディングで行います。W3C※標準に準拠した"xhtml+CSSレイアウト"は検索エンジンと相性が抜群です。小手先のSEOではない、本物のSEOが自然な形で実現するため、今後めまぐるしく変わる検索エンジンのアルゴリズムに耐えうる、長くご使用いただけるページが作成されます。従って手間がかかるのでご提示した金額は、他社と比べても、維持費まで含め、決して高額なものではないと思っております。

ホームページ制作社が制作したホームページでもテーブルによるレイアウトという古い形式のものが見受けられます。知識がある方でないと区別がつきませんが、これから先を考えるとテーブルではなく、CSSでのレイアウトによるホームページが選択として正しいでしょう。
              
更新に関しては、通常その作業に準じて更新料が取られるか、毎月一定額で料金を徴収するのが一般的です。お金がかかるうえ、一々プロに頼まなければならないので都合にいい時にできません。
             
また管理ソフトを使って簡単に更新が出来るものも見受けられますが、その使用料は永遠に取られ、解約すればホームページは破棄されます。すなわち自分の所有ではないわけです。制作料が破格に安くても、月々使用料が設定されていれば、トータル高くつきます。それに管理ソフトであると単純な文章の更新にとどまります。
             
それであるならば、ある程度のホームページの操作を一度覚えてしまえば、永久にコストがかからずお得ではないでしょうか。いやそんな覚えるのが面倒だという声が聞こえてきそうですが、教える人が教えれば意外に簡単です。
             

※W3Cとは,民間団体「World Wide Web Consortium(ワールド ワイド ウェブ コンソーシアム)」の略称です。この団体の活動内容は WWW上で用いられる技術の標準化をすすめることです。この「W3C」標準に準拠してWEBサイトを構築することには、SEO対策上、メンテナンス性の向上、アクセシビリティの向上で優位性があると言われています。大企業や官公庁はW3Cの標準仕様の指定になってきています。